睡眠時無呼吸症候群の治療日記4


結局、私の場合は初めてということもあり、金銭的なこともあって上下一体型にしました。上下分離型だと16万円なのですが、シーパップが毎月5000円かかり、しかもいくら使っても無呼吸症候群が治るわけではないことを考えると、ずっと使い続けるしかないわけで、16万円÷5000円だと32ヶ月ですよね。2年半ということですが、こういうことを考えると長期的には16万円でも高くはないかもしれないなとは思いますね。マウスピースは、使い方にもよりますが3年以上は使えますからね。

とりあえず効果があるかどうかを確かめないといけないので、上下一体型をしばらく使ってみました。やっぱり最初は違和感があって、一晩ずっとつけていることはできませんでしたね。だいたい2週間くらいでしょうか、朝までつけていることができるようになったのは。違和感だけではなくて、唾液が異常に出るんですよ、これをはめると。だから枕にタオルを一枚ひいて寝ました。この状況は数ヶ月使った今、多少改善されましたが、今でも唾液はたくさん出ますね。

それで、一晩中つけていることができるようになってから、もう一度就寝時の呼吸状態を検査して、マウスピースの効果があるのかどうかを確認するわけです。私としては、マウスピースのほうがシーパップよりも楽なので、そっちのほうがいいんですけどね。シーパップだと寝る前にいちいとコンセントつないで、スイッチ入れて、マスクはめてってやらないとけないので。それとシーパップだと朝、ヘアースタイルが爆発状態になるんですよ。w さて、マウスピースの検査結果はというと……。





Copyright © 2014 睡眠時無呼吸症候群の治療日記 All Rights Reserved.