睡眠時無呼吸症候群の治療日記5


マウスピース装着時の検査は前回同様、自宅で二日間やりました。今回の検査キッドはより精巧で、横向きと仰向きの状態でどうなのかということまで調べることができるものでした。検査の結果はどうだったかというと、めでたく「A」でした。睡眠時無呼吸症候群の所見はなしということです。あ〜、よかった。めでたし、めでたし。マウスピースでもまあいろいろ問題はありますが、毎月5000円の出費を抑えることができるので、とてもありがたいです。

マウスピースの問題というのはいくつかあって、これは上下一体型でも上下分離型でも同じですが、毎日水で洗浄しないといけないこと。表面を水洗いするだけでなく、歯ブラシをつかって自分の歯を磨くのと同じようにしないといけないですし、一週間に一度は部分入れ歯用の洗浄剤を使って消毒しないといけません。まあ、慣れればどうということはないですが、最初はちょっと面倒でしたね。マウスピースを使うことで、入れ歯の人の気持ちが分かりました。w

それから、マウスピース以外にも無呼吸症候群対策というのがあって、歯医者先生からすすめられたのが「アイウベ体操」という舌と顎のトレーニング方法です。これを毎日30回ずつやることで、舌の筋力を高め、舌が下に下がりにくくなる効果があるそうです。これは毎日やってますね。なんか以前より滑舌がよくなったようなきがします。気のせいかもしれませんが。w それと太らないこと。これはもう無呼吸にかぎらず健康のためには大切なことなので、気をつけたいですね。





Copyright © 2014 睡眠時無呼吸症候群の治療日記 All Rights Reserved.